2022年度日本金属学会九州支部・
日本鉄鋼協会九州支部・軽金属学会九州支部・
合同学術講演会

プログラム

プログラム

  会場A 会場B 会場C 会場D
9:00-10:15 AA-1 - AA-5 BA-1 - BA-5 CA-1 - CA-5 DA-1 - DA-5
10:15-10:30 休憩
10:30-11:45 AA-6 - AA-9 BA-6 - BA-10 CA-6 - CA-9 DA-6 - DA-10
11:45-12:45 休憩
12:45-14:00 AP-1 - AP-5 BP-1 - BP-5 CP-1 - CP-5 DP-1 - DP-5
14:00-14:15 休憩
14:15-15:30 AP-6 - AP-10 BP-6 - BP-10 CP-6 - CP-10 DP-6 - DP-10
15:30-15:45 休憩
15:45-17:00 AP-11 - AP-15   CP-11 - CP-15 DP-11 - DP-15

A会場 午前

座長 森下 浩平, 森園 靖浩
AA-19:00-9:15板橋紀幸(九州大学)
オーステナイト系ステンレス鋼における高温での窒素による固溶強化
AA-29:15-9:30清水智裕(九州大学)
異なる溶接手法を用いたオーステナイト系ステンレス鋼溶接部の微構造解析
AA-39:30-9:45箕輪遼太郎(九州工業大学)
2点抵抗スポット溶接L字継手の引張強度に及ぼす打点ピッチの影響の解明
AA-49:45-10:00兒玉涼(熊本大学)
加工した純アルミニウムの室温における粒界近傍の軟化挙動
AA-510:00-10:15藤田千穂(熊本大学)
工業用純アルミニウム線材の引抜及び引張特性の評価
10:15-10:30休憩
AA-610:30-10:45唐盛雄(熊本大学)
Multimodal微細組織を有するAZ31B押出材合金の破壊靭性の調査
AA-710:45-11:00吉田彩巳(熊本大学)
Mg-Zn-Y-Al急冷合金の破壊靱性に及ぼす合金組成の影響
AA-811:00-11:15佐々木洸(九州工業大学)
破断時の鋼板の変形に着目した抵抗スポット溶接L字継手の強度評価
AA-911:15-11:30松田貴大(熊本大学)
薄片曲げ疲労試験によるMg-Zn-YおよびAZ31B合金押出材の疲労特性評価

A会場 午後

座長 北村 貴典, 横山 賢一, 本塚 智
AP-112:45-13:00佐伯龍聖(長崎大学)
室温電解合成された超微結晶組織を有するNi-Co耐熱合金薄板の引張強度特性
AP-213:00-13:15和田周平(九州大学)
Fe-18%Niマルテンサイト鋼の弾性限に及ぼす可動転位の影響
AP-313:15-13:30小瀬駿希(九州大学)
Fe-3%Si合金における辷りの固執の歪速度依存性
AP-413:30-13:45小野悠輔(九州大学)
パーライト鋼におけるバウシンガー効果と不均一変形挙動
AP-513:45-14:00森永琉豊(熊本大学)
伸線加工を施した純 Zn および Zn/Mg 複合材の組織
14:00-14:15休憩
AP-614:15-14:30矢野伶(九州大学)
β型チタン合金 Ti-22V-4Al における変形・破壊挙動の温度依存性
AP-714:30-14:45迫仁郁(熊本大学)
Cu-Ni-Co-Si 系合金の曲げ変形における破壊挙動
AP-814:45-15:00石原一樹(九州大学)
中Mnマルテンサイト鋼の破壊形態に及ぼす結晶粒径の影響
AP-915:00-15:15岩切章一郎(九州大学)
Fe-C系合金の小型実験でのマクロ偏析の解析
AP-1015:15-15:30塩山貴大(熊本大学)
マグネシウム単結晶の塑性変形挙動に対する亜鉛添加の影響
15:30-15:45休憩
AP-1115:45-16:00藤原孝哉(熊本大学)
マグネシウム単結晶の曲げ変形挙動に対するイットリウム添加の影響
AP-1216:00-16:15吉川有太(九州大学)
Al-Mg-Si 合金の析出強化機構への Cu 添加量の影響
AP-1316:15-16:30堀口皓匠(熊本大学)
AE測定によるMultimodal組織を有するMg合金の引張変形挙動の解明
AP-1416:30-16:45竹藤剛(九州大学)
TRIP鋼における加工誘起変態挙動のマルチモーダル解析
AP-1516:45-17:00古賀智遥(九州大学)
X線CTによるラメラー状γ-TRIP鋼の加工誘起変態挙動の評価

B会場 午前

座長 山﨑 重人, 山口 富子
BA-19:00-9:15矢吹創(九州大学)
マイクロキューブMgO中の転位組織の解析及び表面構造との相関の解明
BA-29:15-9:30村上優翔(久留米高専)
鉄・グラファイト・アルミナ混合粉中で加熱した鋼の脱炭現象
BA-39:30-9:45柳川朋哉(九州工業大学)
真空圧延接合法によるSPCC/A6016クラッド材作製に及ぼす接合条件の影響
BA-49:45-10:00徳久朝佳(九州大学)
非調質鋼におけるV添加,Nb添加及びV-Nb複合添加が及ぼす影響
BA-510:00-10:15山本陵(九州大学)
金属積層造形法における鋳造欠陥形状のX線CTを用いた評価
10:15-10:30休憩
BA-610:30-10:45吉牟田信実(長崎大学)
Fe-Ni 系めっき膜の微細組織観察とその磁気特性への効果
BA-710:45-11:00藤田駿平(九州工業大学)
潤滑剤と共に粉砕された鉄粒子における集合組織の再結晶機構
BA-811:00-11:15山本大貴(九州大学)
Ni基超合金のレーザ照射中に生じる液相流動
BA-911:15-11:30近藤謙太郎(九州大学)
Al-Cu合金へのレーザ照射における急速溶解・凝固現象の素過程
BA-1011:30-11:45藤原陸(九州大)
レーザ照射に伴う溶融池形成過程における粉体の移動現象

B会場 午後

座長 高須 登実男, 堀部 陽一
BP-112:45-13:00藤原慎太郎(九州工業大学)
フッ化物シャトル電池に関するLa-Ni-Fの熱力学データベース作成
BP-213:00-13:15先崎修平(九州大学)
塩化アンモニウム溶液を用いたブリッジングを伴う凝固中の対流の解析
BP-313:15-13:30鶴裕功(福岡工業大学)
アンモニウム塩を用いた新製鉄プロセスの基礎検討
BP-413:30-13:45奥村太一(九州工業大学)
分子動力学を用いた界面の熱伝導率計算法の調査
BP-513:45-14:00森本翔太(日本製鉄)
局所曲率マルチバーテックスモデルを用いた粒成長シミュレーションに及ぼす析出物半径及び有効範囲の影響
14:00-14:15休憩
BP-614:15-14:30窄佑夢(長崎大学)
超高アスペクト比型ニッケルナノワイヤーの室温電解合成とその一軸磁気異方性
BP-714:30-14:45池上沙良(久留米高専)
鉄粉浸炭プロセスにおける炭素拡散媒体の検討
BP-814:45-15:00満江茉由(九州工業大学)
急冷凝固法により作製したMnPtB10合金の磁性
BP-915:00-15:15西野凌平(九州大学)
ニハード鋳鉄における炭化物の晶出制御
BP-1015:15-15:30藪内翼(九州大学)
Ti 添加極低炭素鋼における優先方位発達挙動

C会場 午前

座長 堀出 朋哉, 徳永 辰也
CA-19:00-9:15豊島永都(九州大学)
第一原理計算による Hf40O80 ナノ粒子の強誘電性検討
CA-29:15-9:30髙木俊作(九州大学)
スカンジウム置換鉛酸バリウムにおける正孔ープロトン混合キャリアの定量評価
CA-39:30-9:45高瀬慶人(九州工業大学)
Hf1-xZrxO2 ゲート絶縁膜の結晶化に及ぼす組成と熱処理温度の影響
CA-49:45-10:00深川滉介(熊本大学)
Ruddlesden-Popper型Ni系酸化物Nd2(Ni, Co)O4+δの酸化物イオン拡散性と表面交換反応性
CA-510:00-10:15田原千大(九州工業大学)
分子動力学法による温度勾配下でのアモルファスGeの結晶化過程の解析
10:15-10:30休憩
CA-610:30-10:45木山智輝(九州大学)
SiGe 結晶へのインデンテーションとラマンスペクトル観察
CA-710:45-11:00泉隆博(九州工業大学)
希ガスイオン照射Sc2O3-HfO2系複合酸化物における構造変化の解析
CA-811:00-11:15青木航介(九州大学)
内部電界を導入したp型Si 2層試料における高密度化による熱電性能向上の検証
CA-911:15-11:30黒木優成(九州工業大学)
透過電子顕微鏡法によるBa2GdNbO6または Ba2ErNbO6ドープYBa2Cu3O7-x薄膜の構造解析

C会場 午後

座長 石丸 学, 向田 昌志, 寺西 亮
CP-112:45-13:00永田美豊(熊本大学)
金属V箔の精密酸化制御による酸素欠損型バナジウム酸化物の創製
CP-213:00-13:15藤元大斗(九州大学)
PLD法によるBa8Au4Si42薄膜作製における組成に及ぼす因子の考察
CP-313:15-13:30御園樹(久留米高専)
高密度収束プラズマスパッタリング装置を用いて作製したGaN薄膜の結晶構造及び化学結合状態評価
CP-413:30-13:45清水雄太(九州大学)
網羅合理的ハイスループット材料探索で推薦されたSr置換ユーリタイト型Bi4Ge3O12におけるプロトン伝導の発現
CP-513:45-14:00中元航太(鹿児島大学)
磁場中合成したMn-Bi-Snの相成長
14:00-14:15休憩
CP-614:15-14:30小野隼弥(九州大学)
CaO-SrO-MgO-SiO2-CaF2系モールドフラックスの粘性および結晶化挙動同時評価
CP-714:30-14:45隈河拓斗(九州大学)
縮退p/n-Siを用いた等温環境下における熱-電力変換特性
CP-814:45-15:00藤森悠太(九州工業大学)
LiMn2O4におけるLi組成変化に伴う電荷秩序構造の変化
CP-915:00-15:15岩崎将成(九州工業大学)
高速重イオン照射δ-Sc4Hf3O12における構造変化の回折結晶学的手法による解析
CP-1015:15-15:30高木健太郎(九州大学)
チョクラルスキー法によるp型Ba8CuxGe46-xクラスレートの高性能化
15:30-15:45休憩
CP-1115:45-16:00宮嵜裕明(九州大学)
走査型透過電子顕微鏡法によるBaTiO3ナノ結晶の歪み解析
CP-1216:00-16:15吉村洋諒(九州大学)
SmFe12薄膜磁石の微細構造に及ぼす基板加熱温度の影響
CP-1316:15-16:30山口康太(九州工業大学)
Sn(Se,Te)膜の作製と熱電特性評価
CP-1416:30-16:45古田京佳(九州工業大学)
六方晶マンガン酸化物YMnO3の単結晶育成における酸化マンガン組成の影響
CP-1516:45-17:00羽生大介(九州大)
アスコルビン酸を還元剤として用いて合成した Au@Ptコアシェルナノ粒子の微構造解析

D会場 午前

座長 飯久保 智, ジャー アロク クマール
DA-19:00-9:15Ryusuke MASUNAGA(Kumamoto University)
Effects of Zinc Addition on Slip Systems in Rolled Magnesium Sheets
DA-29:15-9:30Isamu KAWANO(Kyushu Institue of Technology)
Control of nano-structures in manganese spinel oxide Co0.6Fe0.9Mn1.5O4
DA-39:30-9:45Hiroki FUJIMOTO(Kyushu University)
Control of crystalline arrangement of YBCO film prepared by MOD process on Zr-patterned substrate
DA-49:45-10:00Naoki MATSUMOTO(Kyushu Institue of Technology)
Thermodynamic calculation of phase equilibria in the Al-Fe-Zn-O quaternary system
DA-510:00-10:15Shunya NAGAOKA(Kyushu Institue of Technology)
Liquid-mediated rapid crystallization of amorphous Ge studied by molecular-dynamics simulations
10:15-10:30Break
DA-610:30-10:45Suphattra SACHANA(Kyushu University)
Oxide Layer Evolution under Different Annealing Temperatures and Annealing times on Melted Mark of Copper Wire
DA-710:45-11:00Sujin LEE(Kyushu University)
Observation of demagnetization field within thin-foiled Nd-Fe-B magnet by using electron holography
DA-811:00-11:15Yiming MA(Kyushu University)
Improved 3D Materials Surface Reconstruction Method in SEM
DA-911:15-11:30Yuna YAMAZAKI(Kyushu University)
Discovery of novel cathode, BaPb0.5Sc0.5O3-d, with mixed conductivity
DA-1011:30-11:45K. YAMAMURO(Kumamoto University)
Evaluation of local mechanical properties of grain boundary in equiatomic CrMnFeCoNi high-entropy alloy via nanoindentation method

D会場 午後

座長 北原 弘基, 松本 要, 佐々木 巌
DP-112:45-13:00白神優作(九州大学)
中炭素鋼のマルテンサイト変態および形成組織に及ぼすAl添加の影響
DP-213:00-13:15沖能瑠(熊本大学)
アコースティックエミッション法を用いた Mg-Al 合金の水溶液環境におけるアノード分極時の腐食挙動調査
DP-313:15-13:30川並宏毅(日本製鉄)
鋼板への水素侵入効率に及ぼすハロゲン化物イオン種の影響
DP-413:30-13:45比嘉良太(九州大学)
Al-Zn-Mg合金における水素脆化亀裂発生挙動のマルチモーダル3Dイメージベース解析
DP-513:45-14:00高橋翔(九州大学)
塑性変形を施した低合金ベイナイト鋼における表面電位測定
14:00-14:15休憩
DP-614:15-14:30下村昌輝(九州大学)
機械学習を用いたペロブスカイト酸化物における酸素不定比予測
DP-714:30-14:45吉岡徹郎(熊本大学)
等原子比近傍組成ZrPdおよびZrNi合金マルテンサイト相の自己調整構造と形態的特徴
DP-814:45-15:00李卓航(九州大学)
ナノシリコン焼結体への巨大ひずみ加工と電気・光学特性変化
DP-915:00-15:15中西賢斗(九州大学)
高固相率サスペンションの粘弾性特性評価
DP-1015:15-15:30熊谷凌(熊本大学)
界面が転位運動に及ぼす影響を考慮した結晶塑性解析手法の構築
15:30-15:45休憩
DP-1115:45-16:00安達隼介(九州大学)
Ti-6Al-4V合金のレーザ溶解中におけるスパッタ発生のその場観察
DP-1216:00-16:15王運生(熊本大学)
高熱伝導Mg-Y-Znマグネシウム合金の開発
DP-1316:15-16:30吉田浩基(久留米高専)
PECB 法を用いた Mg 合金の接合に関する研究
DP-1416:30-16:45相原龍之介(九州大学)
積層造形法における難燃性Mg合金のLack of Fusionの解析
DP-1516:45-17:00岩切幹太(久留米高専)
有機酸錯体法による Y2Cu2O5の調製とキャラクタリゼーション
PAGE TOP